So-net無料ブログ作成

電撃文庫 秋の祭典 アリソンとリリア [奈々ライブ&イベントレポ]

2008/10/05(日) 電撃文庫 秋の祭典「アリソンとリリア」ステージ in AKIBA_SQUARE(UDX2階) 特設ステージ 13:00~

【出演者】※敬称略
水樹奈々
時雨沢恵一(原作者)
西田正義(監督)



事前応募制で200名招待のイベント。
客席はオールスタンディング。
招待者スペースの後方に、100名程度入れるフリースペースもあり、招待券がない方はそこで観覧出来ました。
ただ、ステージ上の様子を直接見るのは難しいようで、ステージ後方のスクリーンに映し出される出演者のヨリ映像を見る感じでした。
また、会場のビル外壁面の大型モニターにもイベントの模様が映し出され、通行人も見られるようになっていました。
こちらは客席からの眺めと同じヒキ映像で、ステージ後方スクリーンとは違う視点の映像が映し出されたようです。


私の番号は、真ん中より若干若かったので、割りと前方で見られました。
入場したら、ステージ上に椅子が下手に1つ、上手に3つ斜め向きにセットされていたので、下手に位置取りました。奈々ちゃんをほぼ正面から見られる位置です。笑


まず、アリソンとリリアの映像が少し流れ、その後に出演者が登場。
奈々ちゃんは、胸元に大きなリボンが付いた白黒のチェック柄のワンピース姿。とても似合ってました(〃ω〃)
そういえば、同じワンピースをどこかで見た気がします…。まぁ、いいや。


先月放送が終了した番組を振り返りつつ感想などをそれぞれ述べていました。
原作者の時雨沢さんは、銃や戦車などメカについては精密に描いてもらえるよう、事細かく意見を言ったそうです。
なので、後に流れた戦車のCG映像などがなかなかよく描かれていました。

他は、アフレコ現場の様子など、裏話的な話が多かったです。
時雨沢さんは、全26話のうち、22回もアフレコに立ち会ったそうです。
普段は乗らない朝の時間から電車に乗って毎週通ったそうです。なんていう熱の入りよう。

また、この作品はキャストが少ないので、スタッフ総動員でガヤのアフレコに参加したとのこと。そのシーンも映像で流れました。
時雨沢さんや西田監督もガヤに参加されたそうで、アフレコ初体験にただただ緊張したとのことでした。

それから、先週発売したTrickster(サンプル品)を時雨沢さんにプレゼントしたら、時雨沢さんは既に自身で購入してiPodに入れているなんていうエピソードも披露されました。笑
時雨沢さんの「(新宿コマの)イベントにも応募しようかな」発言に客席からも笑い声が。サンプル品は保存用にするそうです(*^-^*)


8月のNHKのアリソンとリリアイベントの模様もスクリーンで披露されました。
気が緩んだちょっぴり変顔の奈々ちゃんの映像がスクリーンにアップで映し出された瞬間、奈々ちゃんが席を立って「や~、見ないで~。」と恥ずかしそうにスクリーンを隠そうとする姿がとても可愛かったです(*^ω^*)


出演者がそれぞれ一番心に残っているシーンの映像を交えつつ、トークはさらに進行。

アリソンとリリアが1話の中で同時に登場するシーンが流れたり。
アリソンとリリアで演技に変化があまりなくて、奈々ちゃんが焦ってました(^-^;
ただ、監督の指示として、リリアを演じるにあたって、アリソンとリリア二人の性格は違っても、だからといって演技を意図的に変える必要はないと言われていたそうです。
役に入り込めば、自然と違いが現れてくるとのことでした。

キャストの発表当初、時雨沢さんは、アリソンとリリアを同じ人が演じることに驚いたそうです。
一人二役は他のアニメではよくあることですけど、こういう事例があることを時雨沢さんは知らなかったようです。
西田監督の話では、アリソンとリリア二役をこなせるのは奈々ちゃんしかいないという信念の元に、奈々ちゃんを選んだそうです。

その他の場面では、山寺宏一さん演じるベネディクトと、能登麻美子さん演じるフィオナのラブラブシーンに奈々ちゃんが嫉妬して(?)、「おい、まみこー」と嘆いたり。笑

また、今夏に奈々ちゃんが参加したツインリンクもてぎでの7時間耐久カートレースの模様も少し紹介されました。
なんでも、レース当日に時雨沢さんがカメラマンをやっていたんですって。レースに興味があったらしく、前乗りしてスタッフで参加とか。
1000枚も撮影して、DVDに入れて奈々ちゃんに贈ったそうです。笑
その中には、奈々ちゃんファンの横断幕なんかも隠し撮りして収録されているそう。笑
そんな隠しエピソードも披露されました。


奈々ちゃんが可愛い過ぎたので、私は終始顔が弛みっぱなしだった気がします(*^ω^*)
スクリーン映像そっちのけで、ほぼ奈々ちゃんをガン見していました。
真面目な表情、恥ずかしそうにしている表情、照れている表情など、いろんな表情を見られ幸せです。

時雨沢恵一さんとのトークも面白かったですし、奈々ちゃんものびのびと話していたから見ていて楽しかったです。


40分と短いながらも奈々ちゃんの魅力がいっぱい詰まったとても良いイベントでした。


最後まで読んでくれた皆さん、ありがとうございました。

Innocent Dreamer様ではより詳細なレポが掲載されていますので、こちらも合わせてご覧になってみてください。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。